お麩ミルフィーユカツを作ってみました!

本に掲載されている料理を実際に作ってみました!今回は、ミルフィーユカツです。

お麩を肉の間にはさんで揚げたカツは、しっとり柔らかな味わいに仕上がります。肉好きな人、必見です!

材料(2人分)

カツ
小町麩    2カップ(20g)
豚ロース薄切り肉 16枚
塩・こしょう   各適量
小麦粉・溶き卵・パン粉 各適量
サラダ油
付け合わせ野菜

お麩ミルフィーユカツの作り方

1
小町麩
小町麩をポリ袋に入れて、綿棒でたたき粉状にする。

※手で潰したりフードプロセッサーなども良い。

2
カツ
豚肉を並べ、1・塩・こしょうを振りかける。脂身が交互になるように8枚ずつ重ねていく。

 

3
カツ
ラップで包み、めん棒などでたたいて形を整える。
4
カツ
ラップから取り出し、小麦粉→溶き卵→パン粉の順で衣をつける。

 

5
カツ
170度に熱したサラダ油に4を入れて、6~7分ほど揚げる。

お麩ミルフィーユカツの完成

カツ

ポイントと注意点

カツ
  • 形を整えるときに、よく叩くと肉同士が馴染むかと思います。
  • お麩は肉汁を吸い取ってしっとりするのでたっぷり入れても大丈夫です。
  • 豚ロース薄切り肉を使いましたが、豚こま切れ肉などで作っても美味しいです。

参考にした料理本

今回作ってみました料理は、主婦の友社/シラサカアサコさん(著)『シラサカアサコ+お麩研究部の お麩ごはん。お麩おやつ。』に掲載されていた、お麩ミルフィーユカツ(622kal)です。

お麩が豚の肉汁を吸い取って、旨味をギュッと含ませています。厚みのあって噛みごたえのある肉を使っての豚カツも良いですが、薄い肉を重ね合わせると柔らかく食べやすいです。

お麩も入り栄養価も高いので、お子様の大好きなメニューの1つになりますよ!