お麩どんぶりを作ってみました!

本に掲載されている料理を実際に作ってみました!今回は、お麩を使った丼です。

お麩を甘辛く煮て、トロトロっとしたお麩を卵で包み、アツアツのご飯に載せました。

材料(2人分)

どんぶり
小町麩     約20個
玉ねぎ     1個
昆布      1×5㎝ 1枚
しょう油    大さじ2
みりん     大さじ2
かつお節    ひとつまみ
卵       2個
青ネギ     適量
おろしショウガ 適量

お麩どんぶりの作り方

1
小町麩
お麩は水に浸けてもどす。戻ったら水気をしぼる。
2
玉ねぎ・昆布・青ネギ
玉ねぎは薄切り。青ネギは小口切り。昆布はキッチンバサミで細切りにする。

 

3
どんぶり
鍋に水と、下ごしらえをした1・2を入れて火にかける。
4
味付け
玉ねぎが柔らかくなったところで、しょう油とみりんで味付けする。

 

5
かつお節
かつお節を入れて、サッと混ぜる。
6
溶き卵
溶き卵を回しいれ、半熟ぐらいに火を通し、ご飯の上に乗せてショウガを添え、青ネギをちらす。

お麩どんぶりの完成

お麩のどんぶり

ポイントと注意点

お麩どんぶり
  • 戻したお麩は、しっかりと水けを切らないと、味が染み込みにくいです。
  • 玉ねぎが十分に柔らかくならないと、お麩や卵の食感と喧嘩してしまうので、柔らかくなるまでよく煮てください。
  • 濃い味付けが好みなら、もう少ししょう油の味を足した方が良いかもしれません。

参考にした料理本

今回作ってみました料理は、創森社/奥園壽子さん(著)『ふ・ふ・ふの お麩レシピ』に掲載されていた、お麩のどんぶりです。

ふわトロな食感は、お麩だからこそ出来るワザ。玉ねぎの甘味にショウガのアクセントは絶妙な味。卵とも調和して優しい口当たりです。

食欲がないときでも美味しく食べられそうです。残ったご飯を持て余している時にも良いですね♪