ふわふわ・とろとろ・カリカリ・ひたひた、食感が楽しい油麩

油麩の魅力といえば、やはりそのコクももちろんですがなんといっても「食感」です。

特に油麩は調理次第でふわふわにも、カリカリにも、ひたひたにも自在に食感が変幻するのが特徴です。

今日の気分によって、食感を変えて楽しみましょう。

食感別! 油麩の戻し方

油麩をふわふわに仕上げたい時は、煮物や汁物など汁気の多い料理に油麩をそのまま煮汁に入れるだけで、ふわふわ・とろっとした食感になります。ぬるま湯に浸し、少し水気を絞ってから煮汁に入れると、だしを吸い込みひたひたとした食感になり、おいしく仕上がります。

肉代わりの食材として油麩を焼き物に使用する場合は、水またはぬるま湯で戻し、水気を切ってから片栗粉を表面にふるい、肉と同じように焼いていくと外がカリッと、中がふわっとした仕上がりに。

中までカリカリとした食感を楽しむなら、そのまま戻さずに使用します。

お子さまの成長に合わせて食感を変えられる? 便利な油麩

油麩の主な原料は小麦粉を水で練り作るグルテンです。このグルテンを棒状に形作り、植物油で揚げて作るのが油麩です。

油麩は油で揚げてあるため脂質が比較的多いのですが、余分な添加物がないためお子さまにも安心して与えられる食材です。

小麦アレルギーがないお子さまなら小麦と植物油が少し食べられるようになる、1歳を過ぎた頃から、少量ずつ与えていくことができます。

油麩は戻し方や調理次第で食感をいろいろと工夫でき、さらに脂質で食事のエネルギー量を高めることができる食材です。

時にはふわふわ、時にはひたひた、時にはカリカリにして1歳を過ぎたころから始まりやすいムラ食い対策に、さらには脂質によるエネルギーアップで少食対策にと、お子さまの成長に合わせて活用していくことができます。

ぜひ業務用小ロットでお求めいただき、困った時のための常備食材として油麩をご利用ください。

油麩のレシピ

油麩とかぶの煮物・2人前

材料……油麩25グラム(小1本)、かぶ1束、だし汁3カップ、酒・みりん・しょうゆ大さじ2、お好みで水溶き片栗粉

作り方……

1、かぶを一口大に切り、油麩は輪切りにします。

2、鍋にだし汁と1を加え、酒・みりん・しょうゆを加えて10分ほど煮込みます。

3、かぶがやわらかくなったら完成です。お好みで水溶き片栗粉を加えれば、あんかけ風のとろっとした煮物になります。

油麩の煮込みうどん・2人前

材料……油麩小1/2本、うどん2玉(解凍済のもの)、だし汁5カップ、みりん・しょうゆ大さじ2、卵1個、ネギやしめじ・白菜などお好みの野菜や薬味

作り方……

1、だし汁にみりん・しょうゆを入れて野菜を入れて沸騰させる。1人用お鍋がある場合は、上記目安量の半分をそれぞれの鍋に野菜と共に入れて沸騰。

2、沸騰したら、うどん2玉(解凍済のもの)と油麩を入れて3分煮る。

3、卵1個を2に落とし、1分温めたら薬味をのせて完成です。